1. HOME
  2. はじめての方へ

角丸ボタン-S

はじめに

昭和55年、札幌郡広島町にご縁をいただき
“龍仙寺”という名の小さな曹洞宗のお寺を建て
地域の皆さまとともに歩んでまいりました。
龍仙寺は皆さまのための場です。
「龍仙寺で良かった」「龍仙寺がいい」
そう感じていただけるお寺となれるよう
日々精進してまいります
合 掌

曹洞宗について

今から800年ほど前の鎌倉時代に
道元禅師(どうげんぜんじ/図右下)
正伝の仏法を中国から日本に伝え、
瑩山禅師(けいざんぜんじ/図左下)
全国に広められ、
曹洞宗」の礎を築かれました。
このお二方を両祖(りょうそ)と申し上げ
お釈迦さま(釈迦牟尼仏)とともに
一仏両祖(いちぶつりょうそ)
として仰ぎます。※1

現在、曹洞宗のお寺は
【全国】約15000ヶ寺※2

曹洞宗のお檀家さま(信者)は
【全国】約3,500,000人超※2

曹洞宗が全国で多くの人々の
こころの拠り所
となっています。

※1曹洞禅ネットより
※2 平成28年版『宗教年鑑』文化庁より

 

 

龍仙寺の僧侶

副住職
清水 碩峰
(しみず せきほう)
住職
清水 常雄
(しみず じょうゆう)
和尚
小西 大潤
(こにしだいじゅん)
平成4年(1992年)
8月26日生
O型
昭和35年(1960年)
8月29日生
O型
昭和36年(1961年)
6月28日生
A型

 

 

お檀家さまと僧侶

お寺は
“大きな2つの柱”
で成り立っています。

どちらの柱が欠けても
お寺は継続できません。
どちらにとっても
お寺は永続的に
護らなければなりません。

お檀家さまで構成される会を
護持会(ごじかい)
といいます。

護持会費
500円/月 (年6000円)
または
1000円/月 (年12000円)

この会費により
ご先祖供養のための礎が築かれます。
僧侶のための会費ではありません。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。
龍仙寺では会費の収支を
ご確認いただくことができます。

 

建物内のご紹介

本院(北広島)

<外観>

<ご本堂>

<ご本尊>

<坐禅堂>

<寺務所>

<ロビー>

<斎場(お葬式やご法事ができる会場)>

<納骨堂>

納骨堂について詳しくはこちら

<エレベーター>

<六地蔵堂>

別院(恵庭)

<外観>